男性

費用や相場を知ろう

ダイヤモンドの買取を考えた場合、まずは相場を知っておくと良いでしょう。ダイヤモンドの相場は4Cと言う査定基準によって決められます。手元の鑑定書などを確認して見ておくと良いでしょう。そして、付属品などがあれば必ず同時に依頼しましょう。

指輪

ダイヤの売買

ダイヤモンドの買取を依頼する際に保証書がなくなっていると異様に査定結果が悪いことがありますが、これはダイヤ自体の希少価値が薄いからです。保証書がないのであれば早めに手放すべきであり、購入の際はそのあたりの事情をしっかり把握しておきましょう。

ダイヤ

専門業者に依頼しよう

ダイヤモンドの買取額を左右するのは、買取業者の鑑定力にかかっています。宝石専門の業者に依頼するのが高く買い取ってもらうコツです。また、査定に持ち込む前にきちんとクリーニングしておくことも大切です。

金とダイヤ

事前準備をしっかりと

いつの時代もダイヤモンドは高額で取引されます。持っているダイヤモンドを買取りしてもらうなら、専門店です。高く買取ってもらう準備としては、査定前にダイヤモンドを磨き上げておくこと、リサーチして高く買取してくれるお店を見つけることです。

電卓

装飾品を適正価格で売る

ダイヤモンドの装飾品を売却したい時は、インターネットを利用し一般的な売却額を事前に調べて下さい。そして、売却は鑑定士のいる宝石専門の買取業者を選んで下さい。宅配買取で査定の際は鑑定書や保証書を必ず同封しましょう。

お店選びが重要です

ダイヤモンド

価格算定の方法を知る

ダイヤモンドの買取では、状態やカラット数などで決められることになります。そして、鑑定書があることによって高く買取してもらうことができます。もちろん、鑑定書が無くても買取をしてもらうことができますが、若干価格が下がることがあります。そして、実際にダイヤモンドを見てもらい金額が提示されますが、査定のポイントを知っておくことが大切です。まずは、カラットグレードで重さによって判断されます。カラット数が大きくなるとその分、見た目も大きくなるということになります。ちなみに、1カラットは0.2グラムとなります。それと同じくらい重要視されているのがクラリティグレードです。これは、ダイヤモンドの品質によって11段階に分かれていて、内容物が少ないほど良質なものと判断されます。宝石鑑定士の人がルーペや肉眼で確認をして判断します。そのため、表面に付いた傷などがあるとその分価値が下がることがあります。それに加えて、カラーグレードも判定されて、DからZまで分類されていて標本をもとに判断されます。そして、カットグレードはカット数によって変わってきます。カットされている状態によって光の反射具合が異なり、見た目も変わってきます。このように、ダイヤモンドは4つの基準によって買取額が判断されるということになります。そして、買取を依頼するにあたって宝石鑑定師の人がいる専門店に依頼をすることが必要です。そして、鑑定書がある場合には、事前にインターネットで情報を入力することによって大体の価格を知ることができます。

Copyright© 2018 ダイヤモンド買取の前に基本的な査定ポイントを知ろう All Rights Reserved.